内緒で・秘密でお金借りるなら夫の所得証明書も提出不要なこのカードローン

2010年に改正貸金業法が施行されました。その中でいろいろと新たなルール変更が加わったので注意しないといけません。もし貸金業者に借り入れの申し込みをする場合、借入額によっては所得証明書の提出が必要になる可能性があります。それは、借入希望額が50万円を超える場合です。またすでに借り入れがある場合には今回の借り入れ希望と今までの借入額のトータルが100万円を超える場合でも所得証明書の提出が必要になります。50万円に満たない借り入れを希望するのであれば、所得証明の提出不要になります。
しかし中には、50万円以上の借り入れをしたい、でも所得証明書は取りたくないと考える人もいるでしょう。所得証明書を発行してもらうと、周囲の人にばれてしまうかもしれないからです。できるだけ内緒で借り入れをしようと思っているのであれば、貸金業法の適用を受けない所で借り入れしましょう。貸金業者とは、貸金業登録している業者のことで、具体的には消費者金融やクレジット、信販会社などが含まれます。しかし銀行の場合、貸金業者ではないので改正貸金業法の制約を受けることがありません。ですから、50万円以上の借り入れをした場合でも所得証明書の提出不要になるわけです。もし内緒で借金をしたいと思っているのであれば、銀行のカードローンを利用してみることも検討しましょう。テレビコマーシャルでもしきりに放映されていますが、最近では銀行カードローンもいろいろな所で提供されています。都市銀行はもちろんのこと、地方銀行でもカードローンサービスを比較的積極的に行っている所も少なくありません。
銀行カードローンを見てみると、100万円以下までの借り入れであれば所得証明書の提出の必要はありません。またこの取り扱いについては、具体的な規則が貸金業法のように決まっているわけではありません。中には200万円以下まで所得証明書の必要のない銀行カードローンもあれば、300万円以下までOKとしている所もあるほどです。先ほど紹介したように、他社借入のある場合、貸金業者であればトータルで100万円以上になれば、50万円以下の希望でも所得証明書を提出しないといけません。しかし銀行の場合、合計が100万円を超えてしまう場合でも、その銀行カードローンを使って借り入れをした場合100万円に満たないのであれば所得証明書は必要ありません。このように内緒で気軽にカードローンを利用したいのであれば、銀行の提供するカードローンを利用することです。